Our Focus on Immuno-Oncology

腫瘍免疫学の分野において、STAM™ マウスは
肝癌の新規治療薬の開発に最も適した病態モデルです。

STAM™マウスの活⽤により、免疫細胞、腫瘍微⼩環境および遺伝⼦変異をターゲットにした肝癌治療薬開発の⾮臨床研究に活⽤することができます。

READ MORE

プレスリリース

【Breaking News!】 First MASH treatment approved by FDA

3月14日、United States Food and Drug Administration (FDA)はMASHに対する初めての治療薬として Madrigal Pharmaceuticalsが開発を行ったRezdi…

READ MORE

イベント

【出展のお知らせ】 第60回日本肝臓学会総会

この度、当社は2024年6月13日(木)~14日(金)、熊本城ホールにて開催されます「第60回 日本肝臓学会総会」に出展いたしますので、お知らせいたします。   当社オリジナルのMASH (NASH)-肝がんモ…

READ MORE

Cell metab.,

“MGAT2 inhibitor decreases liver fibrosis and inflammation in murine NASH models and reduces body weight in human adults with obesity” (Cell Metab., DOI: 10.1016/j.cmet.2022.10.007., 2022)

READ MORE

STAM™ model

STAM™モデルは、ヒトNASHと同様な病態進行を示すモデルです。

READ MORE

サービスservice

課題から探す

研究コラムcolumn

毎月発信しているコラムのバックナンバーをご覧いただけます。

2024.04.11

STAMマウス_FGF21 pathwayをターゲットとしたMASH、線維化および肝発癌抑制試験

本日は、STAMTMマウスを用いたFGF21をターゲットとした薬効評価試験の実証例について、ご紹介をいたします。 2023年米国Akero社のEfruxifermin、イスラエル89bio社のPegozaferminがP…

READ MORE

2024.04.08

【Hot data】 Resmetirom (MGL-3196) evaluation data available in STAMTM model

先日、United States Food and Drug Administration (FDA)は、MASHに対する初めての治療薬としてMadrigal Pharmaceuticalsが開発を行ったRezdiffr…

READ MORE

2024.03.19

【速報!】 FDAによる初のMASH治療薬承認

2024年3月14日に 業界を驚かせるニュースが舞い込んできました。   United States Food and Drug Administration (FDA)はMASHに対する初めての治療薬としてM…

READ MORE

2024.03.14

わずか5%の承認率を選択しますか?疾患モデルマウスの選択で変わる承認率

癌治療薬の上市を目指す場合、疾患モデルマウスを選択するためには、ヒトの癌患者で見られる特徴を多く備えているモデルマウスを選択すべきです。これは、比較的発想しやすく、どのような疾患でも当てはまる普遍的な考えだと思います。癌…

READ MORE

2024.03.12

IPF研究者必!| あなたの【研究に最適な疾患モデル】のご提案

肺線維化モデルマウスを用いた薬効評価試験を考えている場合、そのモデルの一般的な試験デザインではなく、あなたの目的に合った肺線維化モデルの試験デザインを使用するべきです。 肺線維化モデルとしては、ブレオマイシン誘導性の肺線…

READ MORE

2024.03.07

研究者が知らずに陥る【病態モデルマウス】の落とし穴

当然ながらお客様の化合物の評価を行うためには、一般的なIPFの病態モデルマウスではなく、評価に適した肺線維化モデルを使用するべきです。 しかしながら、それが出来ていないケースが見受けられるようです。 それは、IPFの病態…

READ MORE

DSS-induced colitis model

IBD治療領域疾患領域

LEARN MORE

UUO-induced renal fibrosis model

CKD治療領域疾患領域

LEARN MORE

CCl4-induced acute liver failure model

ALF治療領域疾患領域

LEARN MORE

Concanavalin A-induced acute liver failure model

ALF治療領域疾患領域

LEARN MORE

D-gal/LPS-induced acute liver failure model

ALF治療領域疾患領域

LEARN MORE

New stage

Immuno-Oncology(腫瘍免疫学)の分野において、次世代のがん治療薬開発の架け橋に。

LEARN MORE

New stage

SMC Laboratories,Inc.

企業概要company

SMCラボラトリーズは、既存薬では治療ができない疾患で苦しむ患者さんへいち早く治療薬を届けられるよう、最先端の⾮臨床薬効評価研究をサポートしています。

LEARN MORE

論⽂・学会発表publication

私たちSMCラボラトリーズは、製薬企業や研究機関のご要望に沿った試験をデザインする
コンサルティング型のCROとして世界的に⾼い評価をいただいています。

お知らせnews

SMCラボラトリーズからのお知らせや最新情報を発信いたします。

2024.05.23

イベント

【出展のお知らせ】 第60回日本肝臓学会総会

この度、当社は2024年6月13日(木)~14日(金)、熊本城ホールにて開催されます「第60回 日本肝臓学会総会」に出展いたしますので、お知らせいたします。   当社オリジナルのMASH (NASH)-肝がんモ…

READ MORE

2024.03.22

ニュースリリース

【Breaking News!】 First MASH treatment approved by FDA

3月14日、United States Food and Drug Administration (FDA)はMASHに対する初めての治療薬として Madrigal Pharmaceuticalsが開発を行ったRezdi…

READ MORE

2024.03.14

商品とサービス

What is the best non-clinical liver cancer model with 100% cancer incidence rate and suitable for liver cancer assessment?

肝癌モデルマウスを用いた薬効評価試験を考えている場合、現在考えているモデルマウスより、STAM™-HCC/IO+モデルを利用することで、ヒトの肝癌患者で見られる病態や特徴をより再現し、化合物の効果を最大限評価…

READ MORE

2024.03.12

商品とサービス

The [optimal disease model] that maximizes your research outputs.

肺線維化モデルマウスを用いた薬効評価試験を考えている場合、画一的な試験デザインの使用ではなく、評価に適した試験デザインを使用することで、被験物質の効果を最大限引き出すことが可能です。   ヒトのIPFの病態を再…

READ MORE

2024.03.08

商品とサービス

【Case Study】Why do disease model mice change the outcomes?

肺線維化モデルを用いた薬効評価試験を考えている場合、画一的な病態モデルの使用ではなく、評価に適した病態誘導モデルを用いることで、被験物質の効果を最大限引き出すことが可能です。   本日はIPF研究における病態誘…

READ MORE

2024.03.05

商品とサービス

Introduction of [Pathway MAP of MASH compounds] to accelerate your research

非臨床研究を行う上で、モデルマウスの選択にはヒトの病態を再現していると共に、あなたの化合物が評価できるモデルを選択することが重要です。   本日はあなたの化合物に合ったモデルマウスとその結果をご紹介します。 &…

READ MORE